肌タイプ別!洗顔料の正しい選び方とは?

あなたの洗顔料は肌に合っていますか?
肌をキレイにするために使っていた洗顔料や普段の洗顔方法が、実は間違っているかも…
間違ったケアを続けていると、美肌になるどころか、肌トラブルを招きかねません。

今回は、洗顔の役割とは何なのかを解説するとともに、肌のタイプ別洗顔料の選び方と正しい洗顔料の使い方について紹介したいと思います。

洗顔の役割とは?

顔を洗う女性

洗顔は、顔から分泌された汗や皮脂、古い角質、顔に付着したホコリ、クレンジングで落とせなかった汚れなどを落とす役割があり、主に水溶性の汚れを洗い落とします。

肌に汚れが残ったままだと、雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化してニキビを引き起こすなど、様々な肌トラブルの原因となるため、洗顔をすることで汚れをしっかり落とし、肌を清潔に保つ必要があるのです。

また、洗顔をして汚れをキレイに落とすことで、洗顔後につける化粧水や美容液などの成分を浸透しやすくし、スキンケア効果をアップさせることができます。

肌のタイプ別洗顔料の選び方

洗顔料

洗顔料には様々な種類があり、その特徴を把握した上で、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。
肌のタイプ別洗顔料の選び方について詳しくご紹介します。

普通肌

普通肌は基本的にどの洗顔料を使っても問題ありませんので、自分の好みで選びましょう。
しっとり保湿したい時はクリームタイプの洗顔料、さっぱり爽快感を得たい時はジェルタイプの洗顔料など、季節によって使い分けても良いでしょう。

ただし、洗浄力が強すぎると、乾燥肌敏感肌に傾く恐れがあるので、適度な洗浄力のものを選ぶようにしてください。

乾燥肌

乾燥肌には、洗浄力の強いものは避け、マイルドなクリームタイプやバームタイプの洗顔料がおすすめです。汚れを落としつつ、しっかり保湿できるものを選びましょう。

アミノ酸系の洗顔料は、低刺激で肌馴染みが良く、余計な負担をかけることなく汚れを落とすことができます。また、適度な洗浄力なので、肌に必要な皮脂を残しつつ洗うことができるというメリットもあります。

脂性肌

脂性肌には洗浄力が良く、保湿成分が含まれているものがおすすめです。しかし、洗浄力が強すぎると、肌に必要な皮脂まで奪い、乾燥を招いてしまう可能性もあるので、天然由来の洗浄力でマイルドに洗い上げるものが良いでしょう。

特にクレイ(泥)を配合した洗顔料がおすすめです。クレイは吸着性があり、肌の皮脂や汚れをしっかり取り除くことができます。また、クレイの泡は粒子が細かく、肌に負担をかけずに毛穴の奥まで入り込んで汚れを落としてくれます。

敏感肌

敏感肌には、刺激が少なく配合成分がシンプルなものがおすすめです。
石鹸タイプは、余分な成分を含まずシンプルな作りで、天然の界面活性剤を使用しているものが多い洗顔料です。

低刺激で泡立ちも良く、肌のバランスを整えながら汚れだけをしっかり落とし、優しく洗い上げることができます。

洗顔料の正しい使い方

顔を洗う女性

肌に合う洗顔料を見つけても、正しい方法で洗顔を行わなければ、良い効果を得ることはできません。
洗顔料の正しい使い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

洗顔の前に手を洗う

手が汚いままだと、雑菌などが顔に移ってしまうだけでなく、洗顔料の泡立ちも悪くなってしまいます。
石鹸やハンドソープで手をよく洗って清潔にしてから洗顔を行いましょう。

ぬるま湯で簡単に顔をすすぐ

洗顔料で顔を洗う前に、ぬるま湯で簡単に顔をすすいでおきましょう。
素洗いすることで、毛穴を開かせて汚れが落ちやすくなります。

洗顔料を泡立てる

洗顔料はしっかり泡立てることが大切です。泡立てネットを使って、水を含ませながら泡立てると、簡単にキメの細かいモコモコとしたボリュームのある泡を作ることができます。

たっぷりとした弾力のある泡は、手と肌の間に入り込んでクッションとなるため、肌への摩擦や刺激を軽減することができます。

皮脂の多い部分を先に洗う

洗顔は皮脂の分泌量が多いTゾーン(おでこ・鼻)から洗っていきます。肌の上で泡を転がすように、指の腹を使ってクルクルと馴染ませます。それからUゾーン(アゴ・頬)は泡を乗せて、優しく洗います。

最後は目元・口元で、この部分は皮膚が薄くデリケートなため、擦らず泡を乗せる程度で良いでしょう。

ぬるま湯で優しくすすぐ

すすぎの温度は、触れると少しひんやりするくらいの32~35℃がベストです。水が冷たすぎると毛穴が一時的に閉じて汚れを取り除きにくくなり、熱すぎると必要な皮脂まで落とし過ぎて乾燥の原因になってしまいます。

顔を擦らず撫でるように、ぬるま湯を手ですくってヌルつきがなくなるまで丁寧に洗い流してください。髪の生え際やこめかみ、フェイスラインは特に洗い残しが多い部分なのでしっかりすすぎましょう。

清潔なタオルで優しく拭き取る

タオルは摩擦が起きやすいので、ゴシゴシ強く擦らず、柔らかい素材の清潔なタオルを顔に当てて水気を吸収させるように優しく拭き取りましょう。

また、一度濡れたタオルは雑菌が繁殖しやすいので、使い回しせず、その都度交換するようにしてください。

まとめ

洗顔料は肌質によって使い分けることが大切です。自分の肌との相性をしっかり見極め、使い心地などを考慮の上、自分の肌にぴったり合った洗顔料を選びましょう。

そして、正しい洗顔を行うことで、スキンケアの効果もアップし、健やかな肌を手に入れることができますよ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です