手作りコスメって知ってる?肌に良い・悪いを調べてみた

手作りコスメって知っていますか?
手作りコスメに興味がある反面、不安や疑問を持っている人も多いかと思います。

今回は、そんな手作りコスメのメリット・デメリットについて詳しく解説しますので、美肌作りの参考にしてみてくださいね!

手作りコスメとは?

泡立った手作りコスメ

手作りコスメは、合成界面活性剤などの添加物を含まず、自分の肌質や悩みに合わせてオーダーメイドできる化粧品です。

季節やその時の肌状態に合わせて成分を組み合わせたり、使用感や香りなどを自分好みに変えることができるのも大きな魅力です。

市販の化粧品は多くの有効成分が配合されていて、肌に良い効果をもたらしますが、中には成分が肌に合わず使えない人もいます。

一方で、手作りコスメは自分の肌質に合った材料のみで作れるため、低刺激で安心して使用することができます。それだけでなく、材料を混ぜ合わせるだけで簡単に作ることができる上に、手作りの楽しさを味わうこともできるのです。

手作りコスメのメリット・デメリット

メリット・デメリット

手作りコスメにはどんなメリットデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

手作りコスメのメリット

手作りコスメは市販の化粧品に比べて低コストです。市販の化粧品は材料費のほか開発費、広告費など様々なコストがかかりますが、手作りコスメの場合は材料費だけしかかからず経済的です。また、原材料やコスメに使う容器などもリーズナブルで簡単に手に入れることができるので、市販の化粧品を買うよりも安く仕上がります

手作りコスメは使用している成分が明確に分かります。市販の化粧品は成分表を見てもなかなか正確に理解するのは難しいですが、手作りコスメは自分で材料を選んでいるので、何が入っているのか正確に把握できて安心です。防腐剤や合成香料を一切使用しない無添加コスメを簡単に作ることもできます。

手作りコスメはオーダーメイドなので、自分の肌に合った成分だけを使って作ることができ、肌に優しいというメリットもあります。肌の状態は人によって異なり、気候や季節などによっても変化します。手作りコスメは、その時の肌の状態に合わせて材料の配分を調整したり、材料を変えることができるため、肌荒れなどの肌トラブルを起きにくくするだけでなく、高い美容効果も期待できるのです!

手作りコスメのデメリット

防腐剤や品質を安定させる成分が配合されていない手作りコスメは、細菌が繁殖しやすく、成分が変質・酸化しやすくなります。劣化・腐敗した手作りコスメを使うことで、肌トラブルが起きる可能性も出てきます。そのため、必ず冷蔵保存する必要があるなど、取り扱いが面倒な点もデメリットと言えます。

手作りコスメは、慣れるまでは作るのに手間がかかります。手作りコスメは長期保存ができないので、必要な量をこまめに作らなければなりません。コスメの容器や道具の消毒をしたり材料の分量を量るなど、その都度作業をしなければならないので、時間と労力が必要になります。忙しかったり疲れている時などは、少し負担に感じてしまうかもしれません。

肌悩みの改善に関していえば、メーカーの技術には劣ります
市販の化粧品は、研究・開発された成分や配合バランスなどを考えて作られており、効果も最大限に引き出されています。一方で、手作りコスメはただ原料を混ぜただけなので、市販品と同じ効果が期待できるとは限りません。

手作りコスメの注意点

手作りコスメの注意点

手作りコスメを作る上で注意すべき点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント①

手作りコスメは、新鮮な状態を保つために作り置きはせず、数日で使い切れる分量を作りましょう。高温多湿を避け、冷蔵庫などの冷暗所で保管することを心掛けてください。その間にコスメに浮遊物や濁りなどが出たり、異臭がした場合は、使用を避けて新しいものを作り直すようにしましょう。

ポイント②

基材の特徴や組み合わせにも注意が必要です。
成分の組み合わせには相性の良し悪しがあり、成分同士が混ざり合うことで効果を半減させたり、肌への負担となる成分になってしまい、肌トラブルを招く可能性もあるのです。何の知識もなく、効果を高めようと原料を過剰に入れたり、たくさんの種類の成分を混ぜ合わせたりするのは危険ですので避けましょう。

手作りコスメを作る時は、事前に成分の性質を調べたり、専門家のレシピを参考にして、配合量・使用濃度を守って正しく作るようにしてください。

ポイント③

手作りコスメを作る時に使用する容器や道具の衛生管理は不可欠です。
手作りコスメに使う容器や道具は、中身が見えて煮沸消毒ができる透明な耐熱ガラス製のものがおすすめです。

雑菌や異物の混入によるコスメの劣化や肌トラブルを避けるために、手作りコスメの作業前にはキレイに手を洗い、容器や道具は煮沸消毒やアルコール消毒を念入りに行いましょう。
手作りコスメだからといって必ずしも自分の肌に合うとは限りません。

使い始める前に必ずパッチテストを行い、自分の肌に合うかどうかを確かめるようにしてください。

もし肌に異常が現れた場合は、ただちに使用を中止しましょう。

まとめ

手作りコスメは世界でたった一つのオーダーメイド化粧品なので、自分に合ったシンプルなスキンケアをすることができます。

手作りコスメのメリットデメリットをしっかり理解しつつ、注意点を守って作ることを心掛けましょう。

自分の肌にぴったり合ったコスメを手作りして、美肌を目指してみませんか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です