インナードライ肌ってどんな肌質?原因は?

あなたの肌もしかしたらインナードライ肌かも…
実際、自分の肌がインナードライ肌だと自覚している人は少ないのではないでしょうか?

インナードライ肌とはどんな肌質なのかを掘り下げるとともに、その原因と肌トラブルについて詳しく解説していきたいと思います。

あわせて、インナードライ肌のチェックポイントもご紹介しますので、自分の肌質を確認してみてくださいね!

インナードライ肌とは?

インナードライ肌の断面図

インナードライ肌とは、肌の表面はテカテカして脂っぽいのに、肌の内部は乾いた状態であり、「隠れ乾燥肌」や「乾燥性脂性肌」と呼ばれることもあります。

インナードライ肌は、正常な肌に比べて水分量が少ないのに対し、皮脂量は多い状態になっています。そのため、肌が乾燥しているのにニキビができたり、皮脂が多いのに肌がつっぱるなどの症状が現れるのです。

実に8割近い女性がインナードライ肌の傾向にあると言われていますが、インナードライ肌の場合、肌表面が脂っぽくベタつきやテカリがあるので、脂性肌だと思い込んでいる人も少なくありません。

インナードライ肌だと気付かずに間違ったスキンケアをし続けることで、さらに症状を悪化させてしまうこともあり、判断や見極めが難しい肌タイプでもあります。

インナードライの原因と肌トラブル

肌が乾燥する女性

インナードライ肌の原因と、それによってどのような肌トラブルが起きるのかを詳しく見ていきましょう。

インナードライ肌の原因とは

インナードライ肌の原因は、乾燥によるものです。
肌表面には角質層という水分の蒸発を防ぐバリア機能があり、外部刺激や肌内部の乾燥から肌を守る働きをしています。

そのバリア機能が正常に働くことで、ターンオーバーも整い、健康で美しい肌を保つことができるのです。

しかし、このバリア機能が弱まると、角質層の水分量が減って、乾燥を招いてしまいます。肌の乾燥が進むことで、これ以上の水分蒸発を防ごうと肌は一生懸命皮脂を分泌するようになります。

つまり、水分が逃げないように皮脂でフタをするのです。

そのため、肌内部は水分不足で乾燥しているのに、肌表面には多くの皮脂が分泌され、テカリやベタつきとなって現れます。皮脂を気にして過度な洗顔や皮脂を抑えるスキンケアをしたり、あぶらとり紙で皮脂を取り過ぎるのは逆効果

肌の水分を保持できずに肌の乾燥が進み、さらに皮脂の分泌が増えるという悪循環を繰り返して、インナードライ肌を加速させてしまうのです。

肌を乾燥させる原因には、加齢や紫外線、季節の気温変化やエアコンによる空気の乾燥、間違ったスキンケア(皮脂の落とし過ぎ・保湿不足など)、生活習慣の乱れ(偏った食生活・過度のストレス・睡眠不足、喫煙、アルコールなど)などが挙げられます。

これらが複合的に絡み合うことで、肌表面にある角質層にダメージを与え、肌の水分と油分のバランスが崩れて肌の乾燥を招いてしまうのです。

インナードライ肌が引き起こす肌トラブルとは

インナードライ肌は、乾燥によるバリア機能の低下やターンオーバーの乱れによって、様々な肌トラブルを引き起こします。

肌が乾燥することでハリや弾力がなくなり、キメの乱れや毛穴の開きのほか、シミ、しわ、くすみなどもできやすくなります。そして、肌の乾燥によって外部からの刺激をダイレクトに受けてしまうため、湿疹や痒みを引き起こすこともあります。

また、ターンオーバーが乱れることで古い角質が肌表面に残ったままになり、角質肥厚を招いて、肌のかさつきやごわつきが目立つようになります。

その他には、過剰に分泌された皮脂によって肌のベタつきやテカリが生じたり、皮脂が毛穴に詰まって酸化することで毛穴が黒ずんだり、毛穴詰まりに雑菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビを発生させてしまうこともあります。

このように、インナードライ肌はいつも不安定な肌状態となり、化粧ノリが悪く、化粧崩れしやすくなってしまうのです。インナードライ肌を放置していると、肌老化を進めてしまう可能性もあるため、肌質に合った適切なお手入れをすることが大切です。

あなたの肌…インナードライ肌かも

鏡で肌を確認する様子

インナードライ肌を見分けるポイントは、洗顔後、顔に何も塗らずに放置し、20分ほど経ったら肌の状態をチェックします。

洗顔直後のスキンケアをしていない肌は、肌内部の水分状態を実感しやすくなるため、自分がどのような肌質なのかわかります。

肌がカサカサしてつっぱる感じであれば乾燥肌。
つっぱり感はなく、顔全体が脂っぽくテカリやベタつきがあれば脂性肌。

Tゾーンはテカリやベタつきがあるのに、頬などのUゾーンにかさつきがあれば混合肌。そして、肌表面に皮脂が浮いてテカリはあるのに、つっぱり感があればインナードライ肌です。

インナードライ肌は、脂性肌や混合肌と間違いやすいので、洗顔後の肌状態をしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

インナードライ肌は、肌表面は皮脂の分泌が多くベタつくのに、肌内部は乾燥しているという特徴を持っています。インナードライ肌の原因は「乾燥」であり、それによって様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

まずはインナードライ肌かどうか自分の肌質をしっかりチェックして、正しいスキンケアを行っていきましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です