酵素洗顔は肌バリアに影響あり?その注意点とは?

話題の酵素洗顔知っていますか?

酵素洗顔は毛穴トラブルの解消に効果が期待できますが、その一方で肌バリアに悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるんですよ。

今回は酵素洗顔にスポットを当て、その注意点と正しい使用方法についてご紹介していきます。

酵素洗顔とは?

疑問を抱く女性

酵素洗顔とは、タンパク質や皮脂を分解する酵素の働きを利用して、肌に蓄積された古い角質や余分な皮脂などの汚れを取り除く洗顔方法です。

他の洗顔料に比べて特に毛穴の汚れを落とす効果に優れ、洗浄力も高いと言われています。

毛穴ケアに効果的

酵素洗顔には、「タンパク質分解酵素」と「皮脂分解酵素」の2種類があります。

「タンパク質分解酵素」は、タンパク質を分解して、柔らかくする働きを持っており、肌表面や毛穴に溜まった角質や角栓の成分の約7割はタンパク質からできています。

酵素はタンパク質を分解して溶かす作用があるため、古い角質や毛穴に詰まった角栓などの解消に高い効果を発揮します。

一方の「皮脂分解酵素」は、皮脂を溶かす性質を持っています。粒子の細かい酵素を使用することで、毛穴の中に入り込んで皮脂を吸着し、毛穴の奥深くに詰まった汚れや酸化した角栓などを除去します。

酵素洗顔は、酵素の働きによってターンオーバーを正常にし、肌のごわつきやザラつき、毛穴の黒ずみ、角栓、ニキビなどの解消に役立つのです。

酵素洗顔で肌バリアが低下する?

バリア機能が低下した肌

酵素洗顔は毛穴ケアに効果的な反面、使い方を間違えると肌バリアを低下させてしまう可能性もあるので注意が必要です。

どのようなことに注意したらよいのか、詳しく見ていきましょう。

毎日の使用は危険

酵素洗顔は一般の洗顔料に比べて洗浄力が高いので、毎日の使用は肌に負担がかかり危険です!

毎日やり過ぎると、肌に必要な角質や皮脂などの潤いまで取り過ぎてしまい、乾燥を招いてしまいます。その結果、肌のターンオーバーが早まり、未熟な角質細胞が角質層まで押し上げられることで、バリア機能の低下へと繋がってしまうのです…

肌に違和感を覚えたら使用中止

酵素洗顔は肌への負担が大きいので、肌がキレイになるからと言って気にせず使用していると、肌のバリア機能が低下して外部刺激などから肌を守れなくなり、肌トラブルを引き起こすリスクが高くなります。

酵素洗顔を使って肌に痒みや赤みが出たり、ピリピリとした刺激を感じるなど、肌に違和感を覚えたらただちに使用を中止してください。

酵素洗顔は夜に使用する

酵素洗顔はバリア機能を低下させてしまうので、外出しない夜がおすすめです。酵素洗顔をした後の肌は無防備でデリケートな状態になっているので、朝に酵素洗顔を行うと、外部刺激や紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

そのため、朝の洗顔での使用は避け、夜の洗顔に使用しましょう。

酵素洗顔を正しく使用して美しい肌に!

顔を洗う女性

酵素洗顔は使用方法を間違えると肌トラブルの原因になりかねませんので、正しい方法で洗顔することが重要になります。酵素洗顔を行う前に、しっかりポイントを押さえておきましょう。

酵素洗顔のタイミングは?

酵素洗顔を行うタイミングとしては、何も肌トラブルを起こしていない状態がベストです。特に、ニキビの炎症や肌荒れを起こしていたり、生理前などで肌が敏感になっている時は、症状を悪化させてしまう可能性があるので、肌の状態が改善してから行うようにしてください。

また、もともと肌のバリア機能が低い敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の場合も、酵素洗顔そのものが刺激となるため、あまり使用をおすすめできません。

そして、酵素洗顔の使用は夜お風呂に入っている時など、肌が柔らかくなって毛穴が開いた状態が効果的です。

酵素洗顔の頻度

酵素洗顔は、週1回から始めましょう。
何も肌トラブルがなく、肌のくすみやゴワゴワ感、毛穴の黒ずみが気になる場合は、週に2~3回程度と回数を増やして様子を見てください。

肌は季節や気候によっても変化しますので、その都度肌の状態を確認しながら、使用回数を調整することをおすすめします。

正しい洗顔手順

洗顔の前に手をキレイに洗い、ぬるま湯で軽く顔をすすぎ洗いしておきましょう。
そして、洗顔料をぬるま湯で十分に泡立てていきます。冷たい水ではなくぬるま湯を使用することで、酵素の働きがより活性化します。

パウダータイプの酵素洗顔料は泡立てにくいので、泡立てネットを使用するとモコモコの弾力のある泡を簡単に作ることができます。最初は皮脂が多いTゾーン(おでこ・鼻)から泡を置いていきます。

たっぷりの泡を乗せ、毛穴の黒ずみや角栓が気になる部分は、指の腹を使ってクルクルと泡を転がすように洗いましょう。

そして次にUゾーン(アゴ・頬)、最後は皮膚が薄くデリケートな目元・口元を擦らないように優しく丁寧に洗っていきます。すすぎは泡残りがないようにしっかり洗い流し、すすぎが済んだら清潔なタオルで軽く押さえるように水気を拭き取ってください。

そして、酵素洗顔後の肌は無防備でデリケートな状態になっているので、保湿ケアと紫外線対策をしっかり行いましょう。

まとめ

酵素洗顔は、普段の洗顔では落とし切れない不要な角質や皮脂を分解して取り除くため、毛穴ケアに高い効果が期待できます。

しかし、間違った使い方をすると、肌のバリア機能を低下させて肌トラブルを引き起こしかねません。

酵素洗顔を正しく使用して、健やかな肌を目指していきましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です