クレンジングの種類や特徴は肌質で選ぶ!

間違ったクレンジングを使用していると肌トラブルの原因になるかもしれません…

今回はクレンジングに着目し、その役割や種類特徴を踏まえて、肌タイプ別クレンジングの選び方について詳しくご紹介していきたいと思います。

ぜひあなたのクレンジング選びに役立ててくださいね!

クレンジングの役割とは?

はてな雲

クレンジングは、メイクなどの油性の汚れを落とす役割があります。

クレンジング剤は、主に油と界面活性剤でできており、油性の汚れは水や石鹸だけでは落とし切れないため、クレンジング剤に含まれる油分とメイクの油分を馴染ませることで、メイクを浮かせて落とします。

また、クレンジング剤に含まれる界面活性剤は、水に馴染みやすい「親水性」と油に馴染みやすい「親油性」という成分を持っています。この働きによって、水分と油分が混ざり合って乳化し、メイク汚れをキレイに洗い流すことができるのです。

界面活性剤というと、肌に悪いイメージを持たれがちですが、クレンジングにおいて欠かせない成分であり、その配合量によってクレンジングの洗浄力や形状などが変わります。

クレンジングの種類と特徴

クレンジング剤

クレンジングの種類は様々で、それぞれのクレンジングによって使用感やテクスチャーなども異なります。

クレンジングの種類と特徴について詳しく見ていきましょう。

オイル

オイルタイプは肌馴染みが良く、素早くしっかりメイクを落とし、使用感はさっぱりとしています。クレンジング剤の中で一番洗浄力が強く、ウォータープルーフの濃いメイクやアイメイクなどの落としにくいメイクを簡単に落とすことができるだけでなく、毛穴の奥の皮脂汚れや角栓まで落とすことができます。

しかし、油分も界面活性剤も多く含んでいるので、肌へのダメージが大きく、乾燥もしやすくなります。

リキッド

リキッドタイプは水分ベースで、洗浄力は比較的強めです。
水のようなサラッとした軽いテクスチャーで、べたつきが少なくスッキリとした使用感です。

比較的洗浄効果が高いため、界面活性剤が多めに配合されている製品もあり、思わぬ肌ダメージを与える可能性もあるので注意が必要です。

ジェル

ジェルタイプはみずみずしい使い心地で、洗い上がりもさっぱりとしています。
弾力のあるテクスチャーによって、摩擦による肌への刺激を抑えながらメイクを落とします。

ジェルタイプには、「油性ジェル」「オイルイン水性ジェル」「オイルフリー水性ジェル」の3種類があります。オイルが配合されている(油性)ほど洗浄力が強く、水性タイプほど洗浄力が弱く肌への負担も抑えられます。

クリーム

クリームタイプは保湿力が高く、肌に優しいと言われています。しっとりと滑らかな使用感で、クリームがクッションとなって肌への摩擦を抑えるとともに、肌に必要な潤いを保ちながら洗浄します。

そして、油分と界面活性剤の配合バランスが優れており、肌へのダメージも少ないため、乾燥が気になる人にもおすすめです。

しかし、テクスチャーが重く、伸びが良くないので、クレンジングに若干時間がかかるというデメリットがあります。

ミルク

ミルクタイプは滑らかで柔らかく、トロッとしたテクスチャーが特徴で、洗い上がりはしっとりしています。洗浄力が抑えられているので、肌に低刺激で優しく、潤いを残しながらメイクを落とすことができます。ただし、洗浄力が劣るので、時間をかけた丁寧なクレンジングが求められます。

シートタイプ

シートタイプは手軽で便利ではありますが、簡単に拭き取るために界面活性剤を多く含んでいます。必要以上に拭き取ることで肌への負担も大きくなり、シミや色素沈着の原因となることもあります。

シートタイプは普段のクレンジングでの使用は控え、旅先や緊急時などやむを得ない場合でのみ使用することをおすすめします

肌タイプ別クレンジングの選び方

女性の肌質

クレンジングは肌質に合わせて適切なものを選ぶことが重要です。肌タイプ別におすすめのクレンジング料をご紹介していきます。

乾燥肌

乾燥肌には、低刺激で保湿力のあるクリームタイプがおすすめです。
クリームタイプはテクスチャーもしっかりしていて厚みもあるので、摩擦の刺激を抑えて、しっとり潤いを与えながら洗浄することができます。

落ちにくい目元や口元などのポイントメイクは、界面活性剤が含まれていないオイルやコールドクリームなどを使って優しく落としましょう。

脂性肌

脂性肌には、リキッドジェルタイプがおすすめです。
皮脂が多いからといってオイルタイプを選んでしまいがちですが、脂性肌の中には乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されているケースもあるので、保湿を重視することも大切です。

脂性肌のクレンジングは、きちんとメイク汚れを落とせて、皮脂を取り過ぎないものを選ぶのがベストです。その日のメイクの濃さによってクレンジングを使い分けるのも良いでしょう。

敏感肌

敏感肌にはミルクタイプがおすすめです。
ミルクタイプはとろみがあり、擦らずに優しくメイクと馴染ませことができるので、肌への刺激や負担も軽減でき、極度の敏感肌でない限り安心して使うことができます。そして、洗浄力も穏やかなので、洗い流した後のつっぱり感もありません。

また、敏感肌の人は普段から低刺激のクレンジングで落とせる範囲のメイクを心掛けましょう。

混合肌

混合肌には、ジェルクリームタイプがおすすめです。
これらのクレンジングは、肌への摩擦を軽減し、肌に潤いを残しながら優しくメイクを落とすことができます。

場所によって肌質が異なる混合肌の人は、刺激を受けやすい部分に合わせたクレンジング選びをすると良いでしょう。

まとめ

クレンジングはメイクなどの油性の汚れを落とすという重要な役割があり、美肌作りには欠かせないアイテムです。クレンジングの種類特徴をしっかり理解した上で、肌質やメイクの濃さに合わせて選ぶことが大切です。

毎日行うクレンジングだからこそ、自分の肌との相性が良いものを使ってキレイな肌を手に入れたいですね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です