合成界面活性剤は危険じゃないは?ウソ・ホント?

合成界面活性剤は危険?
肌への刺激や負担になるなど、悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は合成界面活性剤とは何なのかを調査するとともに、合成界面活性剤の間違ったイメージと正しい選び方について詳しく解説していきます。

合成界面活性剤とは?

疑問雲

合成界面活性剤は、二つの異なる性質のもの同士を混ぜ合わせる働きを持った物質で、人工的に合成されて作られています。

合成界面活性剤は、水に馴染みやすい部分(親水基)と油に馴染みやすい部分(新油基)の両方の性質を持っているので、水と油のように本来混ざらない物質の界面に作用し、界面の性質を変化させて馴染ませることができるのです。

合成界面活性剤は、主にクレンジング料洗顔料乳液クリームなどに含まれています。クレンジング料や洗顔料には、メイクや皮脂などの油汚れを洗浄する目的で配合されています。

また、乳液やクリームなどの成分を分離させない安定性や、美容成分を肌に浸透しやすくするといった役割も持っています。

合成界面活性剤は様々な特性を生かして多くの製品に使用されており、生活する上で不可欠な存在となっています。

しかし、その一方で合成界面活性剤は肌への負担や刺激が大きいといった悪いイメージを持たれているのが現状です…

合成界面活性剤の間違ったイメージ

肌を気にする女性

界面活性剤は、「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」に分けられます。
天然界面活性剤には、レシチン・ガセイン・サポニン・ペプチド・リン脂質などがあります。

天然由来の界面活性剤であることから、肌に優しく安全なイメージがありますが、高価な上に、品質が安定せず加工しにくいとされています。

また、酸化しやすく、腐りやすい、そして効果が低いなどのデメリットもあり、その結果肌トラブルなどを引き起こしてしまう場合があります。

そこで、天然の界面活性剤のデメリットを補うために作られたのが、合成界面活性剤です。
合成界面活性剤は化学合成によって作り出されているため、高い機能性を安定的に保つことができます。

つまり、合成界面活性剤は安全で効果的な化粧品を作るためにできた成分なので、肌に悪いわけではないのです。

そして、天然の界面活性剤に比べて、安価で大量生産ができ、使用感も良いので、幅広い製品に使用されています。

ただ、合成界面活性剤の中には、肌に悪影響を及ぼすものもあります。
合成界面活性剤の強力な洗浄力によって肌のバリア機能を破壊し、乾燥肌敏感肌を招いたり、タンパク質変性作用によってシミシワを作ったり、合成界面活性剤が肌に残ることでニキビなどの肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

このようなことから、合成界面活性剤は悪とされがちですが、その全てが悪いわけではありません。

種類によって良し悪しがあり、安全なものも存在しています。
そこで、合成界面活性剤を正しく選ぶことがポイントとなるんですね。

合成界面活性剤の正しい選び方

合成界面活性剤が含まれている化粧品

合成界面活性剤には色々な種類があり、刺激の強さも異なります。その特性を知ることで、肌にダメージを与えない安全なものを選ぶことができます。
合成界面活性剤を正しく選ぶポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

合成界面活性剤の種類をチェックする

合成界面活性剤は、「石鹸系脂肪酸エステル系アミノ酸系高級アルコール系石油系」に分類されます。

石鹸系・脂肪酸エステル系・アミノ酸系は「天然由来」で、高級アルコール系と石油系が「石油由来」の界面活性剤となります。

石鹸系・脂肪酸エステル系・アミノ酸系は、安全性が高く低刺激ですが、『高級アルコール系』と『石油系』は注意が必要です。

高級アルコール系と石油系は、高い洗浄力があり、肌のバリア機能を低下させて、肌トラブルを招く可能性があります。低コストで作ることができることから、プチプラのクレンジング料や洗顔料などに配合されています。

高級アルコール系には、ラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウムなどがあり、石油系にはスルホン酸ナトリウムなどがあります。高級アルコール系や石油系といった強い成分の使用は控えましょう。

配合量をチェックする

合成界面活性剤の配合量が多いほど洗浄力が強く、肌に負担がかかる恐れがあります。
パッケージなどに記載してある成分表示は、配合量の多い順に記載されていますので、界面活性剤がどのくらい配合されているのかを判断することができます。

界面活性剤の成分表示が後の方に記載されていれば配合量が少ないということになりますので、そのようなものを選ぶと良いでしょう。

また、サンプル品を試したり、パッチテストを行うなどして、肌に異常が出ないことを確認した上で使用することをおすすめします。合成界面活性剤の種類や配合量をしっかり見極めて、自分の肌質や肌の状態に合ったものを選んでくださいね。

まとめ

合成界面活性剤は私たちの生活には欠かせないものです。全てが悪いと決めつけるのではなく、上手に取り入れることが大切です。

種類や配合量などをチェックして、自分の肌に合ったものを選びましょう。
合成界面活性剤の正しい知識を持って選択することが、美肌への近道になりますよ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です